どうするの?企業価値の算定

M&Aにおいて企業価値の算定が必要な理由

企業買収などのM&Aを行おうとする場合に対象企業の価値を算定することは重要な事項となります。買収とはすなわち対象会社の株式の売買ですので、理屈の上では売り手と買い手の要求が折り合う金額で契約すればよいのですが、企業経営者にとっては必要以上に安い金額で売却したり、高い金額で購入することは自社の資産をいたずらに毀損することになりかねず、場合によって株主代表訴訟で自社の株主から訴えられるリスクもあります。そのため、買収を行うに当たってはあらかじめ対象企業の企業価値を慎重に算定して、そこから大きくかい離しない金額で合意することが重要となるわけです。もっとも、スーパーで売られている商品のように企業価値には定価が存在するわけではありませんので、何の予備知識もなく評価を行うことは困難です。そこで、以下では企業価値の算定手法について見ていくこととします。

具体的な企業価値の算定方法について

はじめに申し上げておくと企業価値の算定方法は一通りではありません。様々な理論が存在しているため、考え方によって多くの手法を用いることが可能ですが、そのなかでも最も一般的に使われるのがDCF法です。DCFとは、Discount Cash Flowの略で、将来のキャッシュフローを現在価値に割り引いた総額を企業価値として捉える考え方です。そのため、将来企業がどの程度のキャッシュフローを生み出すことができるのかをなるべく精緻に想定することと、割引率をどの程度に置くのかがこの手法のポイントと言えます。DCF法以外で良く用いられる手法には、同業他社で上場企業がある場合などに用いられる他社比較法などがありますが、実際には複数の手法から算出される金額の平均値をとるような方法が多く採用されています。