M&Aの目的って何?

ノウハウを含めた経営資源を買収できる

経営している会社の事業が好調で、さらなる発展のために新規事業を旗揚げしようとするとき、その事業に関するノウハウが不足していることがしばしばリスクになります。もちろん自社でその事業の経営を行うのは初めてですから、業界の商慣習や上手な利益の出し方について実務面から知識を持つ人間はいません。そこでМ&Aで他社を買収・合併することで新事業に通じた人材や設備を手に入れようという目的があります。
幅広い事業領域がある大企業ではМ&Aを行った経緯がある会社が多く、買収した会社が持っていた経営資源を上手く利用していると言って良いでしょう。自社で既に持っている経営資源と組み合わせることでシナジー効果を生み出すこともできます。

従業員を守るために選ぶ吸収への道

中小企業では後継者がいないことが問題になっていますが、長年勤めあげた従業員を見捨てるわけにはいかないのが実情です。また、これまでに築き上げたお得意様や業界シェアという財産を捨てることも賢明とは言えません。そこで解決策の一つになるのがМ&Aです。単体で事業を継続できない問題はありますが、規模の大きい他社の一部となることで将来的な雇用の安定を図ることができるでしょう。
合併されて大企業の一部になることで、これまでには無かったスケールメリットや販路が見込める場合があり、単体で事業をしていた頃よりも従業員の待遇改善が良くなるケースも多くあります。М&Aは事業家戦略の側面がクローズアップされがちですが、上手く利用することで会社全体の将来を明るくします。